実質年会費無料にできるクレジットカード

クレジットカードの会員になると基本的に年会費を支払うことになります。支払う年会費の額はカードのグレードによって変わってきますが、一般カードの場合であれば1000円から3000円程度が一般的です。また年会費永年無料でコストがかからない一般カードも少なくありません。そしてクレジットカードの中には実質年会費無料にできるものもあります。例えば初年度は無料で、次年度以降は前年にカードを1回も利用しなかった場合、年会費が数千円かかると定められている時です。このような場合、1回でもカードで代金を支払えば、翌年の年会費が免除になります。通常クレジットカードの会員になる人はその恩恵を受けようとするので、カード払いをするでしょう。そのためこのような条件で年会費が定められている場合、実質年会費永年無料で利用している人が多いです。

クレジットカードの番号を記憶させるべきか

ブラウザによっては、クレジットカードの番号を入力すると、この番号とコードを保存しておける制度が導入されています。この方法を利用することは、カードの入力を楽にできるメリットを持っているのですが、家族に番号を知られることがあることや、正アクセスで知られる可能性があり、注意が必要となります。この対策として、あまり番号を入力して保存しないこと、大量のカードを入力しないことなど、しっかりと守るために必要なことは行ってください。また、家族とブラウザを分けておくことも大事で、クレジットカードの情報を知られないようにしておけば、気づかれることはありません。そしてカード情報を残している場合は、セキュリティもしっかり向上させるのです。

支払い方法をクレジットカードに変更中

現在、支払い方法を続々とクレジットカードに変更中です。変更している理由は、クレジットカードを使用することによるポイントをより多くゲットしたいからです。ポイントをゲットできれば、買い物する時に現金と同じように使用できたり、商品券と交換できたりなど、お得なことがたくさんあります。クレジットカードでのポイントをより多く得るためには、クレジットカードで支払う金額を増やす必要があります。そのため、コンビニやスーパーでの買い物の他、口座から直接引き落としにしていた携帯電話料金、インターネットのプロバイダの料金、公共料金などの支払い方法を変更しました。これが全てではないので、できるだけたくさん変更したいです。

クレジットカードはポイントで得できるのが良い

クレジットカードで便利だと思ったのはタクシーでの運賃の支払いが可能だということでした。それまでは普通にお札と小銭で払っていたのですが、クレジットカードで支払いできるタクシーを知ってから(支払いできないタクシーもあります)必ず私はクレジットカード払いをするようにしています。便利なのはもちろんですが、会社でけっこうタクシーを利用することがあるのでポイントが貯まってかなりお得です。タクシー利用で得られたポイントで会社の皆になにか食べ物などを差し入れすることで、喜ばれて私の株も上がりますので皆が得して良いクレジットカードの使い方だと思っています。私は車通勤ではないのでやっていませんが、車通勤の人は同様にガソリン代をクレジットカードで払うことでポイントが貯まって良いみたいです。

クレジットカードの年会費が無料か有料かの違い

 最近つくづく思うことは「年会費無料のクレジットカードで良かった」ということです。私の友人は年会費有料の少しステータスの高いクレジットカードを使っているのですが、その支払いをするのがかなり負担になっていると聞きました。 ステータスの高いクレジットカードを使っていればそれだけみかえりもたくさんあるので年会費が有料でもしかたないと思うのですが、そのメリットを活かしきれていないと年会費の高さだけが浮き彫りになってしまいます。そして、友人は年会費無料のクレジットカードに、切り替えを検討するようになっています。 私はむしろ「年会費無料が当たり前」だと思い込んでいたので、友人がクレジットカードの年会費にそこまで頭を悩ませているとは知りませんでした。ですので、「クレジットカードは、年会費などを考えて選ぶといいでしょう」などで紹介されているように、これからも年会費無料に私はこだわりたいです。

クレジットカードの選び方について

クレジットカードというと実店舗やネットショップなどで現金を使用せずに買い物ができるという点で非常に重宝するものだと思います。しかしまだ所持していない方にとっては、種類がたくさんありすぎてどれを選べば良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。せっかく作成するのならばお得に利用できるもののほうが良いと思いますので、まずは自分がどのようにクレジットカードを利用したいかを明確にすることが大切です。例えば海外で利用したいというのならばそれに特化したカードを、あるスーパーでの買い物に利用したいならばそのスーパーを利用するとポイントが貯まるようなカードをといったように選ぶことで、よりクレジットカードを活かすことが可能となります。それに加え、年会費や発行日数などを考慮して選択すると良いでしょう。

せっかちな私はクレジットカードを使用しています

私は自分で言うのも何ですが、非常にせっかちな人間です。信号を待っている時はもちろんですが、電車に乗っていてももっと急げないものかとソワソワしてしまいます。しかし、それは不可抗力なので自分自身でも「それは急げないから無理」と納得をさせることが出来るので良いのですが、一つだけどうしても我慢のできないことがあります。それはスーパーマーケットなどで会計の際に並んでいる時です。皆さんにも経験があるとは思うのですが、長蛇の列になっているのに小銭を探してもたもたしている人を見てイライラしたことは無いでしょうか。あれってせっかちな人間にとっては非常に苦痛な瞬間なんですよ。そういう時こそクレジットカードを使えばいいのにと思うんですけどね。クレジットカードなら、細かい会計でも関係ありませんからね。私はもちろんクレジットカードしか使いません。

クレジットカードは学生の味方でした

私は一人暮らしをしたことをきっかけに家計の管理もするようになりました。学生とはいえ、やはり色々なことに興味がある時期ですから、お財布の管理は社会人になるためには必須といえるでしょう。ただ、しっかりと管理をしようと思っていてもなかなかできないことがあります。思いの外使いすぎてしまったり、小銭がじゃらじゃらとするのが格好悪くて財布を持ち歩かなかったり、と男性にはありがちのよくあるパターンだったんですよね。そんな時、友達からすすめられたクレジットカードを持つようになって、これ一枚持ち歩けば生活をすることができるため大変便利になりました。クレジットカードがあれば居酒屋、コンビニ、洋服屋、スーパーとどこでも使うことができます。

クレジットカードで電子マネーの自動チャージは便利です。

クレジットカード自体で買い物をするということはほとんどないのですが、電子マネーの自動チャージに使っています。これがイチイチ手動でチャージしなくて済むのでとても便利だと思っています。とくに電車なんかは気が付いたらお金がまったくチャージされていなかったなんてことも多かったので、勝手にクレジットカードでチャージしてくれるのはとても重宝しています。同様に忘れがちな光熱費やインターネットのプロバイダー料金なんかもクレジットカード払いにしておけば、勝手に払ってくれるので便利で良いです。毎月定期的にポイントも貯まりますし、何かの利用料金の引き落としに使うのがクレジットカードの一番得する使い方だと思います。割引はあまりありませんが、その分ポイントが貯まりますので同じくらいだと思います。

クレジットカードによって支払いを集約する

クレジットカードによって支払いを集約させることができるようになり、支払いの手続きや口座の管理がわかりやすくなったため、快適な生活となっています。支払いを集約させる前は、現金や振込、口座からの引き落としなど、色々な方法で支払いを行っていました。しかし、色々な方法での支払いは管理が面倒です。そのため、できるだけ支払いを集約させたいと考えていました。そこで実行したのがクレジットカードでの支払いです。携帯電話や公共料金、食品や日用品、ネット通販での買い物など、クレジットカードで支払い可能なものは変更の手続を行いました。今後の理想としては、支出のほとんどをクレジットカードでの支払いにすることです。近い将来、十分に実現できることだと思っています。